コラーゲンって何?

コラーゲンはタンパク質の仲間です。人間の体のあちこちに存在しており、体のすべてを作っているといっても過言ではありません。なぜなら、全身の組織、筋肉、骨、目、内蔵、関節に髪の毛にまで、コラーゲンが使われています。主な仕事としては、細胞と細胞を結びつける機能をしています。また、このコラーゲンは、年齢とともに減少していきます。そういわれると、老化するということは、コラーゲンが減少してしまうからといわれても納得でしょう。

ですから、定期的なコラーゲン補給が大切です。タンパク質でできているということは、タンパク質をたくさん食べたら良いのではないか?と考えるかもしれませんが、そう単純にはいきません。毎日なにかしらのタンパク質は食べているとは思いますが、タンパク質の正体はアミノ酸です。必須アミノ酸と非必須アミノ酸からできており、その中でも人間の体で作ることができない必須アミノ酸を食べることで良質のコラーゲンが作られるといわれています。

ですから、食べ物にも気を使い、コラーゲンを豊富に体内に入れることが大切です。体内にあるタンパク質の30%を占めるコラーゲンですが、その中でも食べ物からしか摂ることができない必須アミノ酸をバランスよく食べることで、丈夫な体だけではなく、健やかな肌や美肌が作られるといわれています。食べ物から必須アミノ酸を摂ることは難しいといわれていますが、その証拠はコラーゲンのサプリメントが非常に多いことが物語っています。

コラーゲンとお肌

コラーゲンは、自分で作ることができます。しかしその時期は限定されていて、20代までは成長ホルモンの分泌によりコラーゲンがみずみずしく保つことができるとされています。ですが、30代になるとその量は少しずつ減り、40代以降は、コラー・・・

詳細はこちら

コラーゲンと関節

コラーゲンが作られないと、支障が出る部位もあります。それは関節です。人間の体には多くの関節が存在していますが、特に高齢者の関節痛と言うと膝が代表的です。立ったり座ったりと、日常当たり前のように使う膝は、コラーゲンのク・・・

詳細はこちら

コラーゲンと骨

コラーゲンが肌を作り、関節のクッションとなるとされていますが、骨にも大切な存在です。骨といえばカルシウムですが、コラーゲンはカルシウムに絡みつくようにつながっています。コラーゲンの働きが細胞同士の接着剤となっています・・・

詳細はこちら